キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 製薬会社への転職に転職支援サービス。 : 転職スペシャルサポートブログ!製薬編

転職スペシャルサポートブログ!製薬編

製薬会社への転職に転職支援サービス。

サイトマップ

転職スペシャルサポートブログ!製薬編のmain画像

製薬会社への転職に転職支援サービスを利用しようと考えています。

転職支援サービスは、転職希望者と製薬会社の真ん中に立ってくれる仲介役であり、マネジメント、カウンセラーの役もしてくれます。

概要をお話ししましょう。

◆あまり面接が得意でない人でも味方に。

転職支援サービスとは、たとえば希望者のキャリアや専門性などを細かくチェックし、製薬会社と希望者のあいだに立って仲介をしてくれるサービスのことです。

利用するのは2つの面で有効です。

1つは、転職面談を受ける前に、第三者が自分の現状をジャッジしてくれる点です。

2つめは、有望であれば製薬会社に対して売り込んでくれる点です。

話し下手で面接が苦手、自分の印象に自信がもてないなど、気後れしていつも損をしてしまう人には有効です。

理系出身や技術系・システム系出身の人には結構いるタイプです。

これらのサービスを受け、リラックスして面接に臨みましょう。

面接に関する参考サイトをご紹介:2位経験・スキルよりも!? 面接で「採用担当者が注目するポイント」1位は

◆転職支援サービスを使うデメリット。

転職支援サービスを使うデメリットのほうは、事前のチェックや審査で、転職面談を受ける前から自信をなくしてしまうことです。

転職支援サービスも、製薬会社など仲介先に対する信頼が大事なので、中途半端な人は紹介してくれません。

転職カウンセラーが事前の相談やチェックをしてレベルを採点してくれますが、結果について、あるいは不足している部分のキャリアアップ要請などは、結構キツいです。

転職ですから厳しいのは当然ですが、自信は失わないでください。

◆転職支援サービスを利用するのは非常に有効で助けにもなります。

しかしその評価で諦めてしまう必要はありません。

転職支援サービスはカウンセリング業でもありますから、厳しい評価をもらったら、面談のための違った作戦を提案してもらうくらいに開き直りましょう。

改善点や強化を指摘されたなら、それをクリアし先々の味方になってもらうことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム