キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 製薬会社へ転職、国内の製薬会社の将来は? : 転職スペシャルサポートブログ!製薬編

転職スペシャルサポートブログ!製薬編

製薬会社へ転職、国内の製薬会社の将来は?

サイトマップ

転職スペシャルサポートブログ!製薬編のmain画像

製薬会社へ転職希望、国内の製薬会社の将来は明るいですか?

統廃合がつづいて収らないいま、製薬業界への転職はどう考えるべきでしょうか。

未来と転職について考えましょう。

◆外国資本が入ったから視野が開けた。

製薬会社へ転職を希望する人はいまでも多く存在します。

暗い話をしても仕方ないので参考程度に留めますが、製薬業界は絶対的に資本力がものを言う業界で、それ以外に新薬を研究開発する手段はなくなってしまいました。

大規模な資本をもつ製薬会社が小さな資本の会社を吸収して、吸収した会社の研究資源を総取りするような構図になっています。

弱肉強食で、日本国内の製薬会社にはほとんど外国資本が入り込んでしまいました。

しかしその反面で、外国資本が入ったから世界戦略に参加できるようにもなったのです。

◆製薬業界はこれからが大発展のとき。

製薬業界に詳しい専門家の中には、これで日本の製薬会社は終演を迎えると嘆いている人もいますが、回答者である私は必ずしもそうなると悲観していません。

むしろ製薬会社が多国籍化しグローバル化することで、これまで開かれることのなかった、新たな市場の扉が開かれたからです。

新薬はいま先進国から新興国に向かい、最貧国のための安価な製薬開発に目を向けている向きもあります。

薬が先進国に一巡したことで、売り先が新興国や最貧国にしかなくなったからです。

◆日本国内の製薬会社の将来を気にするのではなく、転職希望者なら自らすすんでグローバルな視点で、将来を眺望するようにしましょう。

製薬会社への転職は行うべきだと思います。

どこの業界に転職してもグローバル化の流れはあり、それにともなうリストラも発生します。

製薬業界は世界を睨んでいます。

このサイトのグラフを見れば製薬・医療業界が世界を見ているのがわかります。

気になるサイトご紹介>>http://president.jp/articles/-/14156

世界で活躍する自分を想像すれば未来は明るいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム